カートを見る マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

雑穀の魅力

 雑穀の時代
雑穀ブレンド(ヘッダ)雑穀は、米を作るより前に雑穀が栽培され人々に食されていました。
日本では遺跡からの出土品などの研究から、縄文時代前期(今から5500年前)には栽培されていたのではないかと言われています。

雑穀は土壌や気象条件が不良でも成育し、長期間の保存に耐えられる作物なので、多くの地域で主食として食生活を大きく支えて来ました。

「雑穀のある食生活を見直すべきだ」という声が高まってきています。
もはや雑穀が貧しさの代名詞である時代ではありません。古代からの伝統を持つこの食物の生命力が、今こそ必要なのです。
 雑穀の魅力
りんごっこ特選雑穀米(ヘッダ)やせた土地でも育つ雑穀は、元気になるパワーのかたまり。お米とブレンドすると栄養価がアップ、独特の粘り気と味わいが出て、食べやすくなります。

■雑穀の素朴な味
毎日食べても飽きのこない、クセのない、おだやかなコクのある美味しさが雑穀の特長。
見た目の色合いがバラエティに富んでいることも、いろいろな食感があることも、美味しさと満足感を高めます。
動物性食品に代わるヘルシーでボリュームのある料理素材の可能性も注目されています。

■たくましさ
雑穀は、環境の変化に強いため少量の農薬でも育ちます。特に、寒冷地では害虫の発生も少なく、無農薬での栽培も可能です。水田を必要としない雑穀なら空き地があればどこでも栽培を始められます。

■優れた栄養バランス
雑穀は、米や小麦と比べて食物繊維とミネラルが抜群に多く、良質のたんぱく質と植物性脂肪が含まれ、栄養バランスも最高に優れた食べ物であることが近年の研究で明らかになっています。
さらに、免疫力を高める様々な物質も豊富に含まれています。
 個性豊かな雑穀たち
とびきり小さくてやさしい黄色のあわやきび、シックな風貌の黒米など、それぞれに個性的な雑穀ワールドをご紹介します。特長、レシピなど詳しくは商品ページをご覧下さい。

 きび(岩手県産)……穀物では一番の低カロリー
もちきび(中身)黄色くて丸い形が愛らしいきびは、炊き上がるとほのかにやさしい甘みが感じられます。もちきびとうるちきびとがあります。昔話の桃太郎に「きび団子」として登場するように、昔は貴重な穀物でした。特有の苦みとほのかな甘みを持っています。

■きびの栄養
白米の3倍の繊維と2倍のカルシウム、2倍のたんぱく質、脂質、各種ミネラルも豊富で、特にビタミンB1、B2を多く含みます。

■知られている効用
漢方では、消化器系の機能が弱まっているときにその働きを助け、肺や呼吸器系の衰えから生じる咳きや痰をとめる働きがあると言われています。

こちらからお買い物できます>>

 もちあわ(岩手県産)……食物繊維が豊富なフワフワ雑穀
雑穀(もちあわ)ぜんざいやお団子など、和菓子の材料としてお馴染みのあわ。奈良時代には米とあわが正規の租税として扱われるほど、最も早くから価値を認められ、長い間主食になっていたようです。もちあわとうるちあわの2種類がありますが、これはでんぷんの性質による違いです。クセがなく食べやすいので、はじめて雑穀を食べるという人におすすめ。

■あわの栄養
たんぱく質、ビタミンB1、B2、食物繊維、カルシウム、鉄などが豊富で、白米よりも2〜7倍も多く含みます。

■知られている効用
身体を冷やす作用があり、漢方では胃熱による吐き気や口の渇きをとめるのに効果があると言われています。

こちらからお買い物できます>>

 ひえ(岩手県産)……稲よりも古い日本最古の穀物
雑穀(ひえ)小さなグレーの粒で、少しほろ苦くさっぱりとした味。炊くとホクホクっとしたクセのない味に。煮込むとトロトロのクリーミーな味になります。日本では縄文時代から栽培されていたと言われます。冷害や干ばつに強く、不作のときに備える作物として重要な役割も果たしてきました。

■ひえの栄養
主な栄養成分は、たんぱく質、炭水化物、脂質、鉄などです。食物繊維は白米の8倍もあり、他にもマグネシウムやカリウムも豊富に含まれています。

■知られている効用
カルシウム不足の現代人にぴったり。冷え症や骨粗しょう症の方におすすめです。

こちらからお買い物できます>>

 そばむき実(青森県十和田産)……そばに含まれるすごい成分「ルチン」
雑穀(そば)そばの種子の殻を取り除いたものです。そば米とも言われます。奈良時代に朝鮮半島から伝わり、生育期間が短いので、夏と秋に収穫できます。消化が良く、栄養も豊富で使いやすい雑穀のひとつです。炒ったものはスープの浮き身やサラダのトッピングに使えます。

■そばの栄養
一番の特徴は「ルチン」を多く含んでいることです。「ルチン」には血圧・血糖値を下げる働きやコラーゲンの合成をスムーズにし、丈夫な血管を作る働きがあると言われています。

■知られている効用
動脈硬化や高血圧を予防して、消化器系の機能を活発にする働きがあり、食欲増進と便秘の解消にも効果が期待されています。

こちらからお買い物できます>>

 ヨクイニン(青森県中泊産)……生薬としても大活躍の実力派
雑穀(はと麦)お茶の原料としてお馴染みのはと麦。プチプチとした独特の食感がクセになる美味しさです。麦と名が付きますが、実はイネ科の植物の実。東南アジア原産で、江戸時代に中国から伝わりました。
りんごっこでは青森県中泊町の福浦地区で昔から栽培されてきた在来品種「中里在来」を取り扱っています。精白したものを「ヨクイニン」と呼んで漢方薬の原料としても用いられています。

■ヨクイニンの栄養
たんぱく質、ビタミンB1、B2、カルシウム、鉄を豊富に含みます。たんぱく質が特に豊富で、たんぱく質を作っているアミノ酸は、穀物の中で最も良質なものを含みます。

■知られている効用
新陳代謝を活発にし、消化器や呼吸系の機能を正常に保つ働きや、美肌、イボ取りなどは昔から知られています。

こちらからお買い物できます>>

 白丸麦(岩手県産)……胃に負担をかけず、消化が良い
雑穀(丸麦)日本に紀元前4〜5世紀前からあったとい言われる大麦。大麦にある縦の溝を2つに割り、消化を良くしたものが丸麦です。原産は中央アジアで、古代エジプト時代から栽培されている穀物。昔は粒のまま炊かれ、庶民の主食でした。

■白丸麦の栄養
カルシウムや食物繊維が豊富です。バランスのとれた栄養価が再評価され、大麦文化を復活させようという動きが始まっています。

■知られている効用
消化器系の機能を高め、消化吸収を助ける作用があるので、便秘や食欲不振の方におすすめです。

 たかきび(岩手県産)……しっかりしたコクのある味わい
たかきびきびの1種ようですが、実は別物です。和名では「もろこし」と呼ばれています。比較的大きめの粒で存在感も十分。プチプチとした弾力ある食感がひき肉に似ているので、ハンバーグのようにして食べることもできます。

■たかきびの栄養
たんぱく質、脂質、食物繊維、鉄分、マグネシウム、カリウム、ポリフェノール、ルチンを多く含みます。雑穀の中では低カロリーの穀物です。

■知られている効用
「ルチン」を含む食品としてはそばが有名ですが、たかきびにも多く含まれています。毛細血管を丈夫にして血流を滑らかにする効果が高いとされています。

こちらからお買い物できます>>

 紫黒米(青森県七戸産)……美味しさもハイレベルな古代米
黒米(中身)「紫黒米」とも呼ばれる黒いお米は、玄米のぬか層に黒い色素が含まれています。中国では明の時代から薬膳料理に使われ、不老長寿の米として知られています。収穫量が普通のお米の3分の1ほどしかなく、脱穀にも手間がかかるので、価格も若干高価なものになっています。粘り気が多いので、玄米に混ぜて炊くと、ほどよくモッチリとします。

■紫黒米の栄養
たんぱく質、ビタミンB1、鉄、マグネシウムなどが白米の約2〜3倍も豊富です。黒い色素にはポリフェノールの一種である「アントシアニン」が含まれています。

■知られている効用
「アントシアニン」には、血管を保護して動脈硬化を予防する働きがあると言われています。

ページトップへ