カートを見る マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

はと麦の魅力

■青森県中泊町産はと麦

中里町はとむぎ加工品青森県中泊町(旧中里町)で、はと麦を30年近く栽培している福浦営農組合。ここで栽培されているのは「中里在来」という農水省も認める固有の在来種です。
国産品への需要が高まる中で、古くからある在来種で未だに栽培されているのは、日本では「中里在来」と岡山県にある「岡山在来」だけになりました。
良質とされる国産のものが極端に少なくなっているため、福浦営農組合のはと麦は貴重な存在となっています。


生産者塚本弘さん■生産者の声
福浦営農組合 代表 塚本 弘さん
青森県中泊町で、昭和57年から転作作物として育て始めたはと麦。
はと麦は決して利益の取れる作物ではなく、生産者の中には、高値で取り引きされる作物に次から次へと替えていく人も多い中、塚本さんを中心とする福浦営農組合は、30年近くはと麦一筋に栽培してきました。
栽培して一番大変なのが、草取り。
畝間の草は機械で取り除けますが、株の根本の草は、全部手で取って行かなくてはなりません。
手間も人手もかかるので大変ですが、除草剤は年1回だけ使います。
ただし、昔から使っている除草剤で強いものではなく、毎年、青森県の調査で残留農薬0の結果が出ています。
肥料は、植え付けのときの元肥1回と追肥として窒素を1回使用しています。
厳密な意味での無農薬ではありませんが、減農薬よりも無農薬に近い状態で育てています。
(青森のうまいものたち産地レポートより)

はと麦の栄養
はと麦茶として飲まれているはと麦。麦と名がつきますが、実はイネ科の植物の実。プチプチとした独特の食感がクセになる美味しさです。
東南アジア原産。中国では薬用植物として利用されています。江戸時代に中国から伝わり、主に薬用として本州以南で栽培されていました。

白い大きな粒で、たんぱく質が米の2倍あり、ビタミンB1、カルシウム、鉄分も充実しています。特に、たんぱく質を作っているアミノ酸は、穀物の中で最も良質のものを含んでいます。精白したものを「ヨクイニン」と呼び、漢方薬の原料としても良く知られています。

■食品の成分組織比較(単位:%)
区  分水分たんぱく質脂質糖質繊維灰分
精白ハトムギ(ヨクイニン
精白米(水稲)
小麦粉(薄力粉)
小麦粉(強力粉)
強化押し麦
15
15
15
15
15
10.3
6.8
8.0
11.6
7.3
6.4
1.3
1.7
1.8
1.3
65.7
76.0
74.7
71.0
75.4
0.8
0.3
0.2
0.2
0.3
1.8
0.6
0.4
0.4
0.7
日本食品分析センター調べ(水分を15%に換算したときの数値)
はと麦の効能
はとむぎ(実)昔から漢方薬として滋養・強壮剤に利用されてきました。
さらに、はと麦の持つ利尿作用、消炎作用、鎮痛作用から、むくみ、神経痛、リウマチその他の痛みなどにも用いられていました。
はと麦の成分が皮膚の角質の新陳代謝を高めることから、一般的にイボ取りの妙薬としても知られています。
また、血液循環を良くして体内の水分代謝を促進させるので、にきびや肌荒れにも効果があると言われています。
はと麦製品

はとむぎ粉
■国産無添加 ハトムギ粉
\1,050(税込み)
牛乳やヨーグルト、豆乳、スープに混ぜてお試し下さい。きな粉の感覚でそのままご利用いただけます。
外側の硬いカラを除いただけで、はとむぎを丸ごと遠赤外線で焙煎し粉末状にしました。
保存料、添加物は一切使用しておりませんので、安心してお召し上がりになれます。
お好み焼き、天ぷら、フライ、ホットケーキ、クッキーなど小麦粉を使う料理なら何にでもご活用いただけます。
その他、ハンバーグやカレー、卵焼きに混ぜるなど様々なお料理にもご利用下さい。
【内容量】300g
こちらからお買い物できます>>

■ハトムギ粉の召し上がり方
1日3〜4回に分けて、水、ぬるま湯、牛乳、ヨーグルト、コーヒー、ココア、ヨーグルト等に入れて召し上がって下さい。その他小麦粉を使う料理なら何にでもご利用いただけます。
【用 量】1日につき、大人:20〜30g、小人:5〜10g

■ハトムギ粉入りクレープ 1人分
[材料]
ハトムギ粉…35g、薄力粉…35g、牛乳…1カップ、卵…1個、三温糖…小さじ1、紅花油…小さじ1、ジャム・生クリーム…適宜
クレープ
1.ハトムギ粉と薄力粉、三温糖をザルでふるいます。
2.ボールに 1.の粉、ほぐした卵と紅花油を入れて、牛乳を少しずつ加えながら混ぜます。
3.ラップをかけて1時間以上冷蔵庫で寝かせます。
4. ホットプレートにタネを薄く均一になるように流し入れ、弱火で1〜2分焼きます。
(ブツブツ穴があいてきたら裏返してサッと焼きます)
5.ジャムや生クリームをぬり、好みのフルーツを添えてお召し上がり下さい。
[ポイント]
タネは必ず冷蔵庫で1時間以上寝かせます 。破けないように薄く焼きます。

■ハトムギ団子入りぜんざい 1人分
[材料]
ハトムギ粉…20g、白玉粉…20g、塩…少々、小豆の缶詰(市販品)
ぜんざい
1.ボールにハトムギ粉と白玉粉を入れ、水を少しずつ加えながら耳たぶぐらいの硬さに練ります。
2.一口大に丸め、火が通りやすいように中央をへこませます。
3.熱湯に入れ浮いてきてから2〜3分ゆで、水にとり冷まします。
4.お鍋に小豆缶をあけ、水、塩ひとつまみを加えて中火にかけます。
5.煮立ったらハトムギ団子を入れ、ひと煮立ちさせお椀に盛ります。
[ポイント]
ハトムギ団子は、一度にたくさん作って冷凍保存しておくと便利です。

ヨクイニン
■青森県産ヨクイニン
\1,000(税込み)
「ヨクイニン」は、はとむぎの殻を取り除き精白したものです。
はとむぎご飯、お粥にして召し上がって下さい。
たんぱく質が米の2倍あり、ビタミンB1、カルシウム、鉄を豊富に含みます。
漢方薬の原料としても良く知られています。
【内容量】500g

こちらからお買い物できます>>

■ヨクイニンレシピ
ゆでたてにおしょう油をかけて食べるだけで十分美味しさが楽しめます。利用範囲が広いのも魅力。
大粒で歯ごたえのある個性を生かして、具として少量、コロッケに混ぜたり、料理のトッピングにも活用しましょう。かために炊いたものはナッツ感覚で使うこともできます。

■ヨクイニンの炊き方(基本)−お鍋で煮ます
よく洗って水につけ、たっぷりの水で軟らかくなるまで炊きます。

[材料]ヨクイニン…1カップ、水…1と1/2カップ、塩…一つまみ
1.ヨクイニンを洗ってたっぷりの水に一晩つけます。
2.水を切り、分量の水と塩とともに鍋に入れて強火にかけ、煮立って1分してからふきこぼれない程度の火加減で5分炊き、とろ火で15分炊きます。
3.水分がなくなったら火を止め、10分ほど蒸らしてほぐします。

■ヨクイニン入りご飯−炊飯器で炊けます
ヨクイニンご飯炊飯器でヨクイニンを軟らかく炊くために、一晩置きます。

1.ヨクイニンをお米の1〜3割ほど混ぜてたっぷりのお水で2〜3回水を替えながら洗います。
2.一晩置いて朝に炊きます。ヨクイニンが十分水を吸うまで8時間以上置いて下さい。
3.水加減は少し多めにして、白米と同様に普通に炊きます。
4.蒸らしが終わったら全体を大きく混ぜます。

■ヨクイニンお粥−土鍋で作ります
時間があれば30分水に浸しておきます。

[材料]ヨクイニン…10g、米…50g、水…500cc
1.ヨクイニンとお米を軽く水で洗います。
2.材料を土鍋にかけ、煮立ってきたら、焦げ付かないよう鍋底を軽く混ぜます。同時に、とろ火にしてふきこぼれないよう、ふたを細めに開けておきましょう。
3.40〜50分で出来上がりますので、火を止めてふたをし、10分ほど蒸らします。
※ヨクイニンのつぶつぶした感じが気になるようでしたら、少し長めに水に浸けます。煮る時間は、軟らかさの好みで調節してください。

遠赤外線焙煎はと麦茶
■遠赤外線焙煎はと麦茶
\900(税込み)
一般のはと麦茶は、高温のガスで焙煎をしているので、はと麦の外側の殻も中身も焦げています。
はと麦茶の茶色は焦げの色を煮出したものです。
このはと麦茶は、中身の成分をこわさないよう遠赤外線を使い低温でじっくり焙煎をしています。
風味の違いはお茶にすると良く分かります。
【内容量】500g

こちらからお買い物できます>>

■はと麦茶の入れ方
1.水1リットルにはと麦30gの割合で土瓶や、やかんに入れて沸騰まで強火。
2.その後はやや弱火にして30分位煎じます。
3.煮出しが終わったら必ず別の容器に移し替えて下さい。
(長時間入れっぱなしにしておきますと、成分が殻の中に戻ってしまいます)

この要領で3〜4回繰り返して使えます。
煮出しても色は薄いですが、有効成分はしっかりと残っています。

ページトップへ